• TAKUYA HANE

教育の面白さ|人は変わる


■自信がなかった

すごく自信がなくてだめだめだった学生がいた。

僕が監修をしているジコピーという学生団体に参加して、少しずつ、やったことないことを挑戦するようになった。

がんばった。

できなかったことができるようになってきた。できると面白い。

だからもっとがんばった。最後には大きな成果をだした。

目つきが変わった。同期や後輩を引っ張れるようになっていった。

そして、見事、人気の高い会社に入った。

しかし、社会人になって次の壁にぶつかった。

ビジネスの壁だ。

ビジネスの世界で結果を出すのは容易ではない。うまくいかない。また自信をなくした。社長面談で涙を流した。社長はできるよと勇気づけてくれた。

もう一度頑張ってみようと足を前に踏み出した。少しずつ結果が出始めた。成果が出始めると人間は面白くなってくる。もっともっとと足を前に踏み出していった。

そしてついに大きな成果をだした。

社内MVPをとったのだ。

今、彼は、会社を代表し、インドネシアにいって新規ビジネスの立ち上げに勤しんでいる。毎日がとても楽しそうだ。

弱音の声はなかなか聞こえてこなくなった。

そんな彼からジコピーに入る前の写真がアップされた。

今の写真と比べてみた。

別人である。

人間は、何かのきっかけで人生の歩みを変えることができる。

分岐的がくる。

分岐点を乗り越え、次のステージに進む人もいれば、成長が止まってしまう人もいる。

人間は変われる。どちらにも変われる。

だから教育は面白いのだ。

#マネージャー育成