• Takuya Hane

世界一周TOUR 2015/No,02 〜準備編・ビジネスクラス、1区間4万で行ける世界一周旅行〜


●世界一周の方法

世界一周。魅力的な言葉だ。簡単にいうと、西へ西へ、あるいは東へ東へと飛んでいけばいつか元いたところにもどってくるはず。これで世界一周はできるはず。そんなに難しいことではない。

で、分類をするとこんか感じになる。

1.完全自由旅行

→自分で飛行機、船、バスなど、あらゆる手段を使って回る!

→予定はあまり決めず、回りながら決める

→時間はあるけど、あまりお金はない

2.世界一周航空券

→旅程をしっかり決めて、そのチケットの旅程通りに回ってくる

3.日本発・クルーズ旅行

→日本から全行程クルーザー船で回ってくる。

→英語ができなくてもある程度楽しめる

こうしてみると

1.完全自由旅行

→学生or人生見直したい人

2.世界一周航空券

→学生(時間に限りがある)

→普通のビジネスパーソン     

3.日本発・クルーズ旅行

→時間とお金がたっぷりある人

→英語が苦手な人

→シニア層

ちなみに3は、こんな感じ!

▼国内発・世界一周「飛鳥」

http://www.asukacruise.co.jp/2016world/

飛鳥で世界回ってきましたっていうと、なんかリタイアしたご夫婦旅行っぽくなってしまう。

まだリタイアする余裕はないので、僕らは2の「飛行機パッケージ型」となった。

ワンワールドという、世界一周をアシストしてくれる飛行機チケットがあるとことは知っていた。

●世界一周飛行機チケットの種類

調べてみると、大きくわけて以下の三つの方法があることがわかった。

1.ワンワールド(JAL系)

2.スターアライアンス( ANA系)

3.グローバルエクスプローラー(ワンワールド+α)

となる。で、それぞれ、良さがあるのだが、すごく単純化すると、

1.ワンワールド(JAL系)

→いろんな大陸にいきたい人向け

→行けない地域もある

2 .スターアライアンス( ANA系)

→有名観光地をさっと周りたい時、簡単に旅程が組める

→都市数を多く回れない

3.グローバルエクスプローラー(ワンワールド+α)

→ワンワールドで行けない航空会社を使える

→ワンワールドほどは都市数を回れない

さっくりいうとこんな感じ。というわけで、いろんな大陸にいって、できるだけ多くの都市を回りたいということで、僕らはワンワールドにした。

というわけで、ここからはワンワールドのチケット取得のポイントを説明しよう。

●世界一周航空券はビジネスが狙い目

ワンワールドは世界150カ国以上、1000都市に就航している。この中から、自由に行き先を選ぶことができる。しかし、1000都市といっても、香港やパリは入っているが、タヒチやガラパゴスは入っていなかったりする。

WEBで以下のワンワールドのページに飛ぶと、よくできたUIで、どこに行けるかを確認することができるようになっている。

▼ワンワールド

https://ja.oneworld.com

このサイト、まだ世界一周をするつもりがなくても、旅行地を入れているだけでワクワクしてくるので、一度、遊びがてら、旅程を組んでみることをお勧めする。

で、ああでもないこうでもない、あ、このラインはワンワールドでは飛べないのか。じゃあ別の都市を経由して・・・といろんなルールを自分なりに組んでみることが世界一周旅行の醍醐味である。

「ええ?何、直通便がないの?二箇所も経由してたら意味ないじゃん。じゃあこの都市はやめとこうか・・・。」

ワンワールドでは、合計16箇所の地域を経由することができる。これはその空港に降り立っても経由するだけでも1箇所とカウントされる。そうなると直行便があればいいが、なければ別の空港を経由しての移動となる。こうなると世界一周で行ける場所の数が減ることになる。

「羽根さん、絶対、ビジネスクラスで行った方がいいですよ。その方が絶対楽!」

こうおっしゃってくださったのは、世界一周旅行の師匠で、ハワイ在住のHさん。Hさんは何度も世界旅行をしたことがあり、ワンワールドはもちろん他のチケットも利用していたのでいろんな細かいテクニックを知っていた。

実際、僕もWEBでビジネスクラスを進める記事を何度か読んでいた。世界一周で、移動が多い場合は、ビジネスクラスで、足を伸ばしてゆったりと座れるビジネスクラスの方がはるかに楽!実は世界一周をしてもそんなに驚くほど高くならないというのだ。

実際に調べてみると、1区間をビジネスクラスで買うと高くつくが、全行程をビジネスクラスにすると、それほど高くはない。ワンワールドの比較を以下にあげてみた。

エコノミー  30万円台〜

ビジネス   60万円台〜 

ファースト   90万円台〜

もし16箇所全部乗れば、エコノミーだと1区間2万円、ビジネスだと4万円、ファーストだと6万円台で乗れるということになる。こうして考えると、確かに、せっかく世界一周回るんだったら、ファーストは無理でもビジネスぐらいで回った方が楽でいいんじゃないかということになる。そう考えるとめっちゃ安くビジネスクラス、ファーストクラスを使える体験ができちゃうのが世界一周航空券ということになる。

じゃあ、人生1回ぐらいファーストも、とも思ったのだが、実はファーストクラスって飛んでない区間が多い。そうなると結局、ビジネスクラスで行くことになる。一方、ビジネスクラスがない便はほとんどない。だったらビジネスで行くのが一番合理的な気がする。

で、今回はよし、全部、ビジネスで行こうと奮発してみることにした。

で、結論からいうと、ビジネスにして本当に良かった。何から何まですごく楽!

飛行機内でも足を伸ばして寝れるのですごく楽。10時間でも15時間でもどんとこい!料理もおいしい。そもそも、料理がどの時間でも食べられるのはありがたい。さらにスチュワーデスのお姉さんが必要以上に話しかけてくれる(それはいらんか・・・笑)。映画みたり、本を読んだりしてると、あっという間に時間は過ぎる。僕は飛行機の上で考え事をするのが大好きなので、世界一周しながら、人生や仕事の戦略を練ることができるのだ。

で、実は飛行機だけのことではない。空港でも、とーっても楽なのだ。そう、各空港でビジネスラウンジが使い放題のため、ぎりぎりまでラウンジでゆったりと過ごし、美味しいものを無料でいただき、シャワーなんかも浴びて、仮眠だってとれてしまう。で、時間がくると、きちんと教えてくれ、あの長い列に並ばずにさっと優先搭乗をさせてもらえる。こちらを一度体験してしまうと、空港での過ごし方が全く変わってしまう。

(注・詳細は、実際の旅行のレポートの中で伝えていくのでお楽しみに♪)

というわけで、我々がそうであったように、金銭的に余裕があれば、ビジネスで行くことを「強く」お勧めする。いや、金銭的に余裕がなければ、日本で節約して、しっかり貯金してから来ればいい。と、繰り返し、繰り返し、いいたくなるぐらいに、是非、ビジネスで行くことをお勧めしておく。

移動は大きく、ハブ空港を拠点に!

軽くルートを作ってHさんに相談に乗っていただいた時に、記述のHさんから面白いアドバイスを頂いたよ。

「羽根さん、あのね、小刻みに飛ぶより、ダイナミックにどーんと飛んだ方がいいです。」

ん?どういうこと?

普通に考えると、

日本→香港→インド

なんだけど、世界一周飛行機チケットの場合、

日本→インド→香港

とかの方がいい場合があるというのだ。

理由は、小刻みに飛ぶと移動距離が短いので、飛行機も小さくなる。すると機上サービスもたいしたサービスができなくなってしまう。そこで、小刻みにつないでいくのではなく、大きな空港にどーんと飛んで、そこを拠点に周辺を回る都いった感じにするのだ。実際、これはやってみてその通りだと思った。ビジネスクラスの場合、短距離よりも長距離の方が楽なのだ。

そして付け加えると、長距離は良いビジネスクラスをもっている航空会社にするべきだ。ビジネスクラスにもランクがある。カタール航空とブリティッシュエアラインなら、カタール航空の方がランクは断然上!料理もうまいし、CAのサービスも格段に上。そうすると、移動距離が長いところは、できれば、ビジネスのサービスが良いことで有名な航空会社を使用したい。

英語で「Business Class ranking」で検索するといっぱい出てくる。

そのうちの一つがこちら。

▼ビジネスクラス・ランキング

https://flightfox.com/tradecraft/best-business-class

上記ランキングでもカタール航空がトップに出ている。JALも十分良かったと思ったけど、このランキングでは13位。世界は広いのだ。

ちなみに、カタール航空の本拠地、ドーハのビジネスラウンジは是非、体験していただきたい。いろんな空港にいったけど、この空港の使いやすさは特筆に値する。ここでトランジットの関係で7時間ぐらいステイしなければならなかったんだけど、シャワーをあびて、ご飯を頂いて、ゆっくり足を伸ばして仮眠をすることができた。そう、要はビジネスクラスを使うと、空港や飛行機をホテル代わりに使うことができるのだ。

ドーハに限らず、複数回、各空港でシャワーを使った。個室で、相当広い。シャワーを浴びて、お風呂あがりのワインを頂き、時間がくれば、放送が入り、ゆったりと搭乗口へ。そのまま優先搭乗で全く待たずに自分の席に着き、ゆっくりと足を伸ばしてお休みなさい・・・・なーんてことができるのだ。

ばかにできないのは食事。ビジネスラウンジ、あるいはビジネスクラスの食事はかなりレベルが高い。エコノミーでうまいと思ったことはないが、ビジネスだとまずいと思ったことがない。ラウンジの料理もけっこうしっかりしていて、十分お腹いっぱいになる。夜中の便を使えば、ホテル代を浮かすこともできるので、ビジネスクラスで、ホテル代金を浮かしまくる移動をうまくやれば、下手すると、エコノミーとそんなに変わらない料金で回ることさえ、できるんじゃないかと思える。

というわけで、もう一度言っておきますね。もし、ワンワールドで世界一周するのなら、是非、ビジネスクラスで行くことをお勧めします。

●チケット発券はJALに電話で

さて、そんな夢のようなチケットだが、チケット発券にとっても苦労した。

まず1ヶ月の休みをとるということで、仕事がめっちゃ忙しかった。さらに披露宴を2日間もやったのでその準備もとっても大変。そうすると新婚旅行なんて後回しの後回し。でもチケットとらないといけなくなるので、おおずと夜中の2時3時からのチェックとなる。

で、いろいろがんばってやっと旅程を決めて、購入しようとするとエラー。そう夜中の3時にエラーがでまくるのだ。なんでだ?もっかい最初から組み直しか?とがんばってみるのだが、それでもエラー。そうなるともう4時ぐらいになってくるのでもういいやまた明日やろうとなる。

これを、1、2週間繰り返した。

で、最終的に購入できたのは出発2週間前。ギリギリだった。

テクニカリーには、出発8日前までチケットをとれる。席さえあいていれば問題ない。しかし、日程が近づけば近づくほど席がなくなっていくのは当たり前のこと。

自分の望む日程、時間帯の飛行機をとるためには、何ヶ月も前から飛行機を抑えておいた方がいいに決まっている。

で、どうしたらいいんだとWEBで検索して、わかったことがあった。

そもそも、このワンワールドのシステムではよくエラーが起こるということであった。

(なんだよ、それ・・・笑)

全世界の航空会社のシステムを連携させているので、ちょっとしたことでエラーが出てしまい、それがそのまま我々のサイトに表示されてしまうのだという。

だめじゃん・笑!

でもさすがはWEB!そのための対策も記されていた。

直接、電話して申込と・・・・笑。

なんだよ、そのアナログな方法は・・・。

でも思い当たることがあった。以前、エクスペディアで海外のホテルを申し込んだ時、ちょっとしたトラブルがあった。WEB上でいろいろ解決しようとしたがにっちもさっちもいかなかった。やっと電話につながったんだけど、けんもほろろで、相手にもしてくれなかった。日本語を話してるんだけど、アメリカ人と話しているような感じ。わかりやすくいうと帰国子女的な対応・・・笑(もちろん帰国子女でも性格いい人もいますよ、ほら、よくない方の例ですね)。

じゃあ仕方ないと、JALに電話したところ、すごくホスピタリティのある電話対応で、完璧な対応をしていただいた。

やっぱ日系は違うわ、と拍手を送ったことがある。

今回も世界を回るわけだ。途中でなんかトラブルがあったり、思うようにいかなくて、どうしようと相談したい時があるかもしれない。だったら、JALを通して買っておけば、いろんな保険になるんじゃないかとおもった。

よしっとJALに電話してみた。

電話で行きたい都市と便名を一つずつ、説明した。16箇所を説明するので、そこそこ時間はかかる。それでも、とっても対応が良かった。古き日本の良きサービス!

さらに、「羽根様、この区間旅程ですが、これこれでいったほうが時間数を短縮できますが・・」とベター案まで出してくださった。そして最終的にこの電話一発で、全旅程を問題なく、購入することができた。

いいねー、日系。いいねー、アナログ。

というわけで結論!

◯●・世界一周の要諦・●◯

” ワンワールドの申し込みはJALを通して電話でやるべし!”

繰り返します。

” ワンワールドの申し込みはJALを通して電話でやるべし!”

まじでこのことを早くしっていたら、多くの時間を失わずに済んだと思う。このことを知らんかったばかりに、夜中に何度もWEBで格闘しなければならなかった。

みなさんはどうか、そのミスを繰り返さないでください。

●世界一周専門業者に相談

但し、JALへの申し込みは旅程が決まった上で、電話するべきです。「えっと南アメリカとかとべますか?」といったざっくりした相談はできません。

その場合は、世界一周堂という旅行会社さんのお世話になることができます。ここは世界一周に特化した旅行会社で、世界一周に関する様々なノウハウをお持ちの旅行会社です。

▼世界一周堂

http://www.sekai1.co.jp

ここはゼロから相談にのってくれます。どんな素人っぽい相談もオッケー!但し、相談料が3万円かかります。旅行慣れしている人はここを使わなくても、自分で旅程ぐらい組めると思います。しかし、海外旅行をあまりやったことがない人は、お金を払ってしっかりと教えてもらった方がいいかもしれません。3万円は高いお金ですが、情報には価値があります。そのことをしっているかしらないかで、結果が大きくかわりうるのであれば、お金払って、その価値を手に入れた方がいいかもしれません。

こちら、お金がもったいなければ、こちらのサイトを見るだけでもとても勉強になります。世界一周飛行機チケットの基礎情報は、ここを見るだけでだいたいわかります。

というわけで、いかがだったでしょうか?

多少は参考になったでしょうか?

さてさて、最というわけで、世界一周をする上でのTIPSをまとめておきます。

--------------------------------------------------------------------

◯●・世界一周のTIPS・●◯

1.エコノミーよりビジネスクラス

2.有名ビジネスクラスを狙え

3.移動は大きく、ハブ空港を拠点に

4.チケット購入は、JALに電話で

5.相談したければ、金を払って世界一周堂へ

————————————————————————-

実体験に勝る情報はないですね。ほんとよく勉強になった。

さあ、次は皆さんの番です。

来年か、再来年あたり、是非、大切な人と、仲の良い友達と世界一周に行ってみませんか?

(続く)

----------------------------------------

目次・その他の投稿 はこちら

http://goo.gl/VyHKmO

----------------------------------------

#旅行出張

Tokyo Office

 

〒105-0022 

東京都港区海岸1-2-3 汐留芝離宮ビルディング21階

 

Tel : 03-5403-6544 / Fax : 03-5403-6545

 

For any questions or requests, please make an appointment.

  • Black Facebook Icon
  • Black YouTube Icon

株式会社アクティブラーニング Copyright © Active Learning inc. All Rights Reserved.