• TAKUYA HANE

蟹蔵さんのストーリー|宮古島の自然を守りたい!


■宮古島の蟹蔵さんを訪問

第1回宮古島の宝物・グランプリを獲得したカニ蔵さんを訪問。

にっぽんの宝物グランプリでは、「商品」と「人」と「ストーリー」でグランプリを選んでいる。

カニ蔵さんはまさに、その「人」と「ストーリー」の両方を持つ事業者さんだ。

カニ蔵さん(本名、吉浜さん)は、カニをこよなく愛する漁師さん。

といっても元々、漁師だったわけではない。

■宮古島の自然を守るために

この30年で、宮古島も伊良部島も開発が進み、環境破壊が進んでいる。

特に伊良部島は、昨年、東洋一とうたわれる美しい伊良部大橋ができたため、観光客がどっと伊良部島にも押し寄せ始めた。

ホテルの開発が進み、村の地大も何十倍、何百倍に上がってしまい、村人たちの生活を破壊し始めている。

お金が絡むと人は変わる。

カニ蔵さんは、環境を守ろうと、カニをそのバロメーターにすることを思いついた。

島のカニを養殖し、これを生活の糧としながら、自然を守る目安とする。

カニはマングローブ林の泥の中で生活する。

マングローブが怖されればカニは生きていけない。

カニが生きているということは、環境が守られているということに他ならない。

■観光開発の裏で

「開発が悪いといっているわけではありません。

良いところもあります。

環境を守れ、開発は悪だと言った単純な話ではありません。

みんな生活がかかっていますから・・・。

ただ、みんな島に何が起きているかを知る必要があります。

何十年もまえに、環境を守るために始めと言っていた開発工事の結果、何が起きたのかを・・・」

カニ蔵さんは古い写真を見せながら、島がいかに変わってしまったかを説明してくれた。

その理解を深めさせるために、わざわざ鉄砲魚まで準備してくださっていた。

「昔はこいつも島にいたんですが、いなくなったんですよ、もう・・・」

この話を聴くと、愛らしい鉄砲魚の見え方が変わる。

■ストーリーが持つ価値

カニ蔵さんのTEDのような話を聞いてから、観光客はカニ蔵さんとカニを取りに行ったり、昔ながらの舟、サバニに乗って、海へと乗り出していく。

その「ストーリー」を聞いてから海に出ると、海が全く別の意味を持ち始める。

僕らは、「ストーリー」を持つ人をグランプリで選んでいる。

ここで言うストーリーとは、その人の生き様であり、生涯をかけて追求している価値観といってもいい。

人間が美しいのは、この価値観があるからだと思う。

本物のストーリーは強い共感を呼ぶ。

こうした商品は、スーパーや百貨店で綺麗に並んでいる商品とは全く別の意味合いを持つ。

アマゾンの販売に勝てるのは、唯一、こうしたストーリー力のある商品だけだと思われる。

■にっぽんの宝物とは、一つの生き様

だから僕らはカニ蔵さんを応援する。

カニ蔵さんを応援しながら、カニ蔵さんが捧げている生涯の価値観を応援しているのだ。

にっぽんの宝物とは、にっぽんの生き様プロジェクトだと言っても良いだろう。

全国の事業者の中には、こうした「宝人」がたくさんいる。

カニ蔵さんに会って、僕らのやっていることは、こうした人たちにスポットライトを当て、力を与えていくことなのだと再度、確信した。

僕らはカニ蔵さんと一緒に、にっぽんの宝物を守っていく。

だから、金にならなくても僕らは遠い宮古島までやってくる。

でも、美談で終わらせるつもりはない。

金は憧れるものではなく、努力して作るものだ。

作れば力を持つことができ、その力で多くの人の夢を叶える仕組みを作ることもできる。

来年に向けて、宝物プロジェクトはさらに一歩、前へと進ませて行かねばと誓ったのであった。

#にっぽんの宝物

Tokyo Office

 

〒105-0022 

東京都港区海岸1-2-3 汐留芝離宮ビルディング21階

 

Tel : 03-5403-6544 / Fax : 03-5403-6545

 

For any questions or requests, please make an appointment.

  • Black Facebook Icon
  • Black YouTube Icon

株式会社アクティブラーニング Copyright © Active Learning inc. All Rights Reserved.