Active Learning Blog

時代の変化についていけるおっさんとついていけないおっさん

■「寸尺おじさん」の存在 「安全を考慮して、女児を土俵にあげなかった」というコメントが、相撲協会から発表された。そのコメント自体が、既に海外から見るとありえないコメントだということが全くわかっていなかったようだ。そういうおっさん達が相撲協会を動かしている。 この「おっさん」達がなかなか厄介だ。モリカケ問題で嘘も握りつぶせると思っていたし、セクハラをセクハラだと思わず、最近、次々とマスコミに吊るし上げられているのもこのおっさん達だ。 世界は既にセンチメートル、いやいやナノテクノロジーという物差しさえ使い始めているのだが、まだ世の中が寸や尺で動いていると勘違いしている。 時代の変化に気づかぬ「寸尺おじさん」達は、自分達の物差しが最も使いやすいと思い込んでいる。だから部下や周辺にもそれを強要するので、時代変わってそんな物差しを使わなくなった若者達や諸外国の人達との間で、最近、軋轢が生じてきている。 まだ相撲は許せる。女性を土俵にあげたくないというのは、ただの信条なので、そんなのありえないという人たちを相撲ファンから失ってしまうというだけのこと。相撲を守り、後世に伝える立場の人たちが、それでいいというのなら、それはそれでいいんじゃないかと思う。 許せないこともある。 タバコ問題である。 受動喫煙対策の法案が「自民党のおっさん達」によって骨抜きにされてしまった。 モリカケが片付くと、来月あたり、国会でこれが可決されてしまうという。 これはちょっと許せない。 レストランに入ってタバコの煙が流れ込んでくるのは、人に迷惑をかける行為だ。 町なかでタバ

Tokyo Office

 

〒105-0022 

東京都港区海岸1-2-3 汐留芝離宮ビルディング21階

 

Tel : 03-5403-6544 / Fax : 03-5403-6545

 

For any questions or requests, please make an appointment.

  • Black Facebook Icon
  • Black YouTube Icon

株式会社アクティブラーニング Copyright © Active Learning inc. All Rights Reserved.