Active Learning Blog

砂漠のガレージ|子供の夢が生まれる場所

■砂漠のエジソン、水進ロケットで子供に能動スイッチを入れる オマーンツアーもそろそろ終わり! もう十分、お腹いっぱいなんだけど、ここに来て、またドーンと面白いところに連れていかれた。 ほとんど建物がない砂漠のそばに車は止まった。 なんにもないところでどこに行くんだろうと思っていたら、あの建物だと指をさされた。ああ、あれ? 建物に入ると、そこはシリコンバレーにでもありそうな、ガレージだった。 「アップルもグーグルもガレージから始まったじゃないですか? ガレージは新しいものをゼロから作ることができる魅力をもっているのです。」 CEOがそう説明を初めてくれた。 「会社の中では自由な研究はしにくい。 ここにきて、やりたいことを好きなようにやっていい、そんな場所を作りたかったんです。」 ■手作りのガレージ ここまでの印象として、オマーンは政府が起業家に比較的、よくお金を払っている。 これも政府のお金で作ったのかと思ったら、そうではなかった。 「砂漠にガレージを作りたいといってもみんなぽかーんとしていました。だからじゃあ、自分たちで作るよと、この建物は皆、自分たち作ったんです。ゼロからです。」 そう言われてみると、たしかに手作り感がある。 作った同時の映像をみせてもらった。 6人の創業メンバーで、いちからとんかんとんかん作っている。 オマーン人は、昭和期の日本に似ている。 なければ作る。 このスピリッツをもっている起業家はほとんど日本からいなくなってしまった。 今なおそれをやっているのは、奈良県十津川村、あるいは沖縄県宮古島の住民ぐらい・・・。 個人的にはハワイの平野 友康さんぐらいだろう

オマーンのシリコンバレーに突撃!|新しいムーブメントを

■オマーンIT庁の長官とミーティング まるで、砂漠のオアシスのように忽然と緑が現れる。 ここにオマーンのスタートアップなどが集積しているのだという。 シンガポールでもそうだが、スタートアップ等を支援する施設は、どこもシリコンバレーの影響を受け、カジュアルで楽しげな所が多い。 長官とは昨日の夜、晩御飯を共にしているので話は早い。 ■提案の受け入れの早さ 早速、大企業とスタートアップと世界の学生を繋ぐ「NexGen」の提案をさせて頂いた。 提案時間はわずか3分! 文字通り、エレベータービッチである。 じっと僕の話を聞いてくれた長官は、 「素晴らしい。すぐにやろう。(付きの人を指差し)、このものに指示を出してくれ。一年以内に結果を出そう!」 と応え答えてくれた。 早い。話が早い。 いつも思うんだけど、中国でもシンガポールでも公務員の反応は早い。 ■日本人の意思決定の弱さは教育に起因? 唯一、日本という国だけがこういう反応ではない。 日本の公務員はたとえその立場が行政のトップという立場であってもこう言う反応にはならない。 ミーティングの一回目で「やりましょう!」と言われたことがない。 「持ち帰って検討して来ます」ばっかりは何度も言われたことがある。 そんなの持ち帰らなくても、その場でやる、やらないって決めればいいのに・・・。 「予算はある。すぐやろう!」 長官は最後にそう言い切ってくれた。 日本の教育の最大の欠点は、意思決定の練習をしていないことだと思う。 ■自分の決定に責任を持て 他者の意見を聞くことは必定。しかし、最後は自分で決め、自分で責任を取る。 これが日本の職場では、30にな

No.1の大学で講演|スルタン・カブース大学

■次々お誘いが! 「オープニング講演が好評だったようで、大学でも教えて頂けますか?」 あ、そうなんですね。はい、了解しました、とお返事したのが前日! そして今日は、オマーンのNo,1大学、スルタン・カブース大学で講演ということになった。 ■アクティブラーナーの大学生たち オマーンでは、こんな感じで予定になかったことがどんどんボールが飛んでくる。 他の国だと怒られるかもしれないやつだけど、僕は意外にそう言うのも好きなのなので、郷に入れは郷に従えばと、喜んで機会を享受させて頂くことにした。 スルタン・カブース大学とは、国王の名前を冠する大学で、文字通り、国王直轄の大学。 日本的に言えば、帝国大学か? で、内容は、3日前に行った「The Poewer of Open Innovation」を学生向けにアレンジしたもの。 このクラスの教授は、まさにOpen Innovationなどを教えてらっしゃる教授ということで、学生にもぴったりの内容だったとのこと。 しかし、オマーンの学生、とてもよく話を聞いてくれる。 すごく真面目で、貪欲! 質問もガンガンしてくる。 教室で誰一人、教授の話を聞いていない、どこかの国とは大違い。 最近、ほんとに思うんだけど、世界各国で大学生に教えているけど、一番、学生の態度が悪いのは日本じゃないかと思う。 態度が悪いと言うのは語弊があるかもしれない。 会話にならないのが日本とでも言おうか。 他の国では、聞く姿勢と話す姿勢がある。 日本では「うざい君」達が急増しており、教員もそれに呼応してやる気がない。 いや、逆かもしれない。 教員がやる気がないから、学生もやる気が

学びのあるパーティー|オマーン人のアドバイス

■オマーン大臣らとウェルカムパーティー 昨日のCEOが僕のことを気に入ってくれたらしく、羽根さん、ここに座れと、なんか、お偉いさんばっかりの席に座らせてくれた。 完全にアウェイである。皆じろっと僕を見る。 CEO以外、にこりともしない。 「君が日本代表か?」 いや、それほど偉くはない。 でも、その気持ちはある・笑。 能動的に学ぶ力に関してはだれにも負けない。 「この人は農林水産大臣だ。今回のプロジェクトのとても良き理解者だ。」 なんといきなりお大臣! どおりで威厳が・・・。 これでわずか2日間で、2人目の大臣とお知り合いになったことになる。 「で、この人が、なんちゃら地域のトップ、そしてこの人は、なんちゃら地域のトップ。そしてこちらが・・・」 全部、偉いさんである。 どうもこっちからも政府の相当、お偉い一団がいかないとダメだったんじゃないかというランクのおもてなしに、いちアクティブラーナーは、ちょっと申し訳ない気持ちになった。 ジョンレノンの曲が、頭の中を流れ始めた。 “Imagine there's no countries” そうだよ。国境なんてどうってことない。 よし!想像するよ。 ■アドバイスを! 「オマーンは初めてなのでまだほとんど何もわかっていません。 でもここまで、何から何まで感動しています。 こんなにみんな親切で、かつ熱心に僕の基調講演も聞いてくれました。 素晴らしい反響だったんです。 だから何がオマーンにお返しをしたいと思っています。 もし私がこの国でプロジェクトやビジネスを始めるとすると、何に注意したらいいでしょう?オマーンで何かを始めるために重要なことは何

オマーンでの基調講演|OIを広めろ!

■オマーンで初講演〜the Power of Open Innovation〜 ついに僕の基調講演の番がやってきた。 タイトルは、〜the Power of Open Innovation〜 ここ数年の間、僕がやってきたにっぽんの宝物が、いかにローカルの事業者に力を与え、ムーブメントになりつつあるかを説明させて頂いた。 今回は、大きな会場であり、時間も25分しか頂けなかったので、インタラクティブは封印し、TED形式で、展開を明確にし、聴いているものの心をいかに短期間で動かすかを意識した作りとした。 それでも他の講演者が15分のみの中、僕だけ25分頂いたので、きちんと結果を出さなけばならない。 そこそこ緊張感も高まってきた。 というわけで、以下、もっともっと多くの人に海外で講演をして頂きたいので、今回、僕がどんな風に展開するのかを擬似的に体験していただこうと思う。 ■にっぽんの宝物をオマーンでも! 今回、一番伝えたかったことは、にっぽんの宝物の成功事例。 このプロジェクトは、まさにオープンイノベーションの典型であり、オープンイノベーションによって、無名の事業者が短期間に、全国的にうねりのような形で進化している事例を伝え、オマーンでもそれが起こせるはずということを伝えたいと思った。 今回の主催者は、オマーン政府直轄の中小事業を育てることを目的とした機関。 昔ながらの小さな事業者、学生上がりの若い事業者、さらには今時のIT系スタートアップを育てるプロジェクトをオマーン全国で展開している。 そこのトップなとがずらっと僕の講演を聞いてくれるのだ。 自然と力が入る。 妖艶な格好

英語「で」話せ!|グローバルに生きるということ

■英語、使えていますか? 自分が「地球人」だと感じることってありますか? で、英語を話せますか? いや、英語「で」話せますか?っていう話! 昨日はとっても忙しかった。朝から4つぐらいのミーティングで、1つの講演(正確にはパネルディスカッション)だった。 で、昨日は面白いことに、ほとんどが「英語」がキーワードだった。 で、思った。 英語「で」話せた方が絶対いいっていう話。 ■英語「で」発信することで繋がっていく・・ まずは朝おこなったのが、スコットランドに住んでるインド人とスカイプ会議。ちょっとややこしい・笑。 以前、うちでインターンをやってたインドの難関大学、デリー大学の学生から急にメッセージが来た。 羽根さんに紹介したい人がいると・・・。 インドでいろんな会社を経営しているご家族のご子息。 今、スコットランドでMBAを取ってるんだけど、アクティブラーニング社に強い興味を持っているという。 なんでもインドで数万人の大学も経営しており、インドでもこれからアクティブラーニングが必要になるので、うちに来て修行したいというのだ。 で、話していてよくわかったのだが、うちが何をやっているかよく研究していた。 うちのウエブページでみたという。 英語で情報を発信しているとそんなことが起きるのだ。 ■インターネットで「英語で」見られている!? 続いて、日本の大手メディアから連絡。 これまた僕に会わせたい人がいるという。 大手メディアが海外の大手メディアと組んで、e-learningを全世界規模でやるという。 キーワードはアクティブラーニング。 その開発を行っている欧州チームのリーダーだ。 スイス

作れ!新たな教員コミュニティを!|アクティブラーニングを教員間でも

■羽根が作る新たなコミュニティ アクティブラーニングな教員コミュニティのキックオフ! 先生方にこんなことをしたいので集まりませんかと軽くお願いしたところ、日曜日なのにこんなに集まって頂けた。 愛知県から遠隔でご参加頂いた方、鹿児島からいらしてくださった方もいだほどで本当にありがたい。 多くの人が僕のことを既に知っている先生ばかりなので、話が早い。 前提条件なく、この取り組みの意義を理解してくださり、とても有意義な時間を過ごすことができた。 まずは、僕が世界の教育が劇的に動いていること、そしてその変化に対応することの重要性を説いた。 まだ日本には伝わっていないようなことも含めて、お話しさせて頂いたのだが、結構、衝撃的だったようだ。 ■アクティブラーニングをやる本当の意義とは? 僕の後には、NHK、あさイチでも大活躍の、茨城県の名物校長、中島先生がプレゼン。 アクティブラーニングを導入する意義、さらには、中島先生が考える最先端のアクティブラーニングについてお話し頂いた。 中島さんは、本当によく考え、よく動かれている。何より新しいことを学ぼうとする姿勢が素晴らしい。 「アクティブラーニングをやるべきなのは、指導要領がそうすべきだと言ってるからではない。アクティブラーニングをやることによって、教師が変わることができるからだ」 というお言葉を述べられていた。 公立校の校長先生がこういう言葉を述べ始めていることに、20年前、アクティブラーニングを始めた時から考えると隔世の感がある。 さらに中島さんは、アート・アクティブラーニングなど、新しいアクティブラーニングの可能性も示唆された。 ロボッ

Tokyo Office

 

〒105-0022 

東京都港区海岸1-2-3 汐留芝離宮ビルディング21階

 

Tel : 03-5403-6544 / Fax : 03-5403-6545

 

For any questions or requests, please make an appointment.

  • Black Facebook Icon
  • Black YouTube Icon

株式会社アクティブラーニング Copyright © Active Learning inc. All Rights Reserved.