Active Learning Blog

対面で話すときの接し方|面接からプレゼンまで

■面接で見られていること、それは所作 この頃、毎週、採用面接を行ってます。 海外からの学生、そして日本国内の学生・・・。 で、もうすぐ、就活が始まると思うので、一つ学生の皆さんにお伝えしておきますね。 「所作は口ほどに物を言う」 ってことです。 面接だと、話をする内容が大切だと思ってるでしょ?もちろん、それも大切。 でもね、それと同じぐらい、あるいは時にそれ以上に「所作」、つまりは「体の動き」から、いろんなメッセージを発しちゃってますよってことをお伝えしておきます。 「目は口ほどに物を言う」 って言うじゃないですか? でも正確には、 「所作は口ほどに物を言う」 なんですよね。 その中でも目は特に多くのメッセージを発っしちゃうので、気をつけてねっていうのが正しい。 自身がある人と自信がない人 他人に気配りのできる人とできない人 人前で話した経験が多い人と少ない人 こういうののは、ほとんど所作でわかっちゃうものなんですよね。 なんなら、 この人は、ものすごく熱心に仕事に取り組んでくれそうだなー、 とか、いや反対に、 こいつめっちゃさぼりそうだなー、 とか、仕事の出来不出来も、結構分かっちゃうものなんですよ。 面接中の所作で・・・。 ■所作がすべてではないが あ、もちろん、「所作」に出ないところもあるんですよ。 だから質問を通して、ああ、そっか、そういう面もあるんですね、っていうのを確かめています。 でも、あえて今日は言わせてもらいます。 所作から得られる印象と、じっくり話を聞いて得られる印象を比較すると、9割ぐらいの人が、ほとんど見た目通りなんですよね。 つまり、何時間もかけて面接

テレビ出演の反響|あさいちに出演して

■NHKの看板TVに出る影響力 さて、昨日からNHKの看板番組「あさイチ」に出演させていただいたことでの影響をお話しておりますが、いくつか面白いことがみえてきましたので、お伝えしたいと思います。 さて、そもそも、この番組の反響はどうだったのか? 番組の中で受け取る、faxやメール、通常で1000ぐらい、少なくとも、500、800ぐらいはありますと、事前に言われていました。 それが放送開始後から、どんどん伸びて行き、最終的に放送終了までに2000を超えました。 「こんなにいくことは本当にないんです。」 とディレクターさん。 僕が出ていたからではもちろんなく、教育改革という多くの人(特にお母さん)が関心のある内容だったことが原因であると思いますが、それでもかなりの数字だと思います。 ■Facebookやホームページに顕著な影響 看板番組でそれだけ反響が大きいと、WEB周りでもいろんな事象が見て取れます。 僕のfacebookのフォロワーも、1日で100人以上増えました。 この文章を読んで頂いている人の中でも、あさイチで僕のことを知ったという方もいらっしゃるかもしれません。 検索してフォローするというのはかなり能動的な行為です。 となると、検索はしたけどフォローまではしなかった人まで入れると、数千人は固いと思います。 実際、うちのウエブサイトへの流入は、放送のあった10日、通常の100倍以上に伸びました。その日から1週間の解析をしてみると(画像データをアップ)、63.7%が女性、ボリュームゾーンが35歳から44歳となっています。 まさにあさイチのドンピシャの視聴者、子供がいる主婦層と

Tokyo Office

 

〒105-0022 

東京都港区海岸1-2-3 汐留芝離宮ビルディング21階

 

Tel : 03-5403-6544 / Fax : 03-5403-6545

 

For any questions or requests, please make an appointment.

  • Black Facebook Icon
  • Black YouTube Icon

株式会社アクティブラーニング Copyright © Active Learning inc. All Rights Reserved.