Active Learning Blog

優良企業なのに廃業?|大学全入時代の負の面

■痛くない注射を世界で唯一作れる会社が廃業へ 日経アソシエに連載コラムを持っていた時に、出ていただいた岡野さん。 痛くない注射針を開発した直後だった。 インシュリンの注射を打ち続けなければならない子供に出会い、この子のために痛くない注射針を作ってやろうと考え、 細さ0.2ミリ、蚊の針と同じ細さの注射針を2年で完成させた。 素晴らしいバイタリティと行動力の持ち主だった。 その岡野さんが、廃業をするという。従業員3人なのに年商8億円という超優良企業なのに廃業するのはなぜか? ■廃業理由は・・・ 理由は跡取りがいないから・・・。 「今の教育じゃ無理。昔は中卒で職人になったから。 大学出てからじゃもう遅い。 学問で飯食うんじゃないんだから。」 十把一絡げに誰もが大学に行くようになった今、技術者を育てる環境が日本からなくなったという。 大学全入時代。 無試験で大学に入った学生は、授業中、スマフォを見ながら、 「つまんねー、やることねー。」 と友達とラインのやり取りをする。 教授は教授で、 「こいつら全くやる気がないんです。大学に来る意味もない。」 と吐き捨てる。 そんな現場を何度も見て来た。 ■根底には教育の形骸化 日本の教育が形骸化している。 学校とは、社会に出るための準備をするところ。 こうした学校は何の準備をしているというのか? 今の日本の教育に足りてないものは「チョイス」。 中卒で何が悪い。 価値観や思考回路が固まって行く、10代のとても大切な時期の全てを、 自分で試行錯誤することがほぼない学校教育に捧げることが本当に必要なのだろうか。 むしろ何かを奪いとってはいないだろうか?

霞が関の変革|縦割り行政からの脱却を

■トランスフォームする政府 〜 Open Innovation HR Training by Lee Hoi Leong at Japanese ministry〜 昨日は、金融庁と経産省のオープンイノベーション(以下、OI)研修。 企業間でのOI研修は、今やトレンドとも言えるほどになってきており、毎月のようにどこかでやらせていただいている。 しかし、公的機関同士、公的機関と民間でのOIをやってほしいというのは初めてだった。 ついに公的機関も、縦割りから飛び出そうとしているのかとうれしく思った。 今回は経産省のキーパーソン、畑田康二郎さんと金融庁の若手職員が、こういうことをやるべきだよねと話し合い、省庁を超えての研修という流れが作られたという。 ■金融庁の改革の必要性 金融庁といえば、「倍返しだ!」で有名になったテレビドラマ「半沢直樹」で、片岡愛之助が演じる金融庁役人で有名になった。 無慈悲に銀行に無理難題を言いつけるシーンが番組を盛り上げた。 もちろんテレビ的にデフォルメがかけられていたわけだが、銀行や保険などの金融商品等を監督、指導する公的機関であることは間違いない。 しかし、仮想通貨などの登場で、今後、銀行への指導という形も大きく様変わりをするかもしれない。 そうした現状では、柔軟性、新しいことを他の分野の人から学び、協業する姿勢が欠かせない。 そこで、異業種ながらも遠からずの経産省との研修から始め、徐々に一般企業との合同研修まで視野に入れてやっていきたいのだという。 これは素晴らしい取り組みだと思った。 これまでの日本の公的機関には柔軟性はほとんど感じられなかった。 そ

オマーン|アラブへ踏み出せ!

■開かれた中東へのドア 本日、オマーン大使館でスピーチ。 2月に開催されるオマーン政府主催のイベントで、現地で基調講演をさせて頂くことになったのだが、今日はそのツアーの日本人向けの説明会だった。 それが数日前に、急遽、今日の説明会でも、スピーカーとして挨拶してもらえないかと連絡が入った。 このイベントのオーガナイザーSuadさんのたっての頼みとあって、喜んでお引き受けすることにした。 でも依頼文にあったタイトルを見てびっくり。 ■なぜオマーンか? 「今、なぜオマーンか?」 いやいや、いくらトークが生業と言っても、まだ行ったこともない国を解説するのは難しい。 オマーンの専門家でもないし、そもそもまだオマーン、行ったこともないんですけど・・・笑。 で、今日来て見たら「私がオマーンを選んだ理由」に変わっていた。 ありがとう、これなら話しやすい♪ なんで今回僕も行こうかと思った理由を、自分視点で適当に話せばいいだろう。 ■実際に着いてみると でも式次第を見て、適当に話すのはよそうと思った。 オマーン大使のスピーチ、オマーン政府関係者のスピーチに引き続いての僕のスピーチだった。 しかもスピーチはこの三人だけ。 会場は大使館のメインホール。 床から壁まで大理石でピッカピカだった。 わかりやすくいうと、ガチだった。 これはそれなりに話さないと、日本人、大したことないじゃんとなりかねない。 オマーンあたりで、 「ジャパン、サッカーも大したことないけど、スピーチもダメダメね」 なんてうわさになったら日本人の名折れだ。 速攻でネタを考えた。 大使のスピーチには品があった。なんか官僚というより、王族

Tokyo Office

 

〒105-0022 

東京都港区海岸1-2-3 汐留芝離宮ビルディング21階

 

Tel : 03-5403-6544 / Fax : 03-5403-6545

 

For any questions or requests, please make an appointment.

  • Black Facebook Icon
  • Black YouTube Icon

株式会社アクティブラーニング Copyright © Active Learning inc. All Rights Reserved.