Active Learning Blog

ホテル論|人間らしさの追求

■食う寝るところ、住むところ 今回の米ツアーもいわゆるホテルではなく、コンド、アパートメントスタイルが中心。いつも通り、台所付きの空間はほんとに快適! 僕は恐らく、年間の半分以上、家にいない。特に春、夏、秋はひどい。ほとんど出張が続き、ホテル族のように外泊をしている。 で、世界中のホテルを見ていて、二つの方向に向かっていると思う。 一つは値段競争。サービスがどんどん簡素化され、横になれればいい、シャワーさえ浴びられればいい、といったもの。 日本でもこれが顕著・・・だった。 しかし、日本における安売り合戦は、底値をついた感がある。インバウンドの客も増えて来ており、そんなに安くしなくてもみんな泊まってくれるので、値段だけの勝負は終わりつつある。 そもそも安いといろいろ問題も起こる。 ビジネスホテルでは、一晩で、従業員が、わずか数名しかいないというとこさえある。 人件費をとことん削らないと、利益が出せないからだ。 そうなると、泊まっている客も色々な問題に遭遇することになる。 お湯が出ない、トイレットペーパーが補填されない。文句を言えば、従業員の態度が悪いなどなど・・・。 中国で、すごく安いところに泊まったことがある。部屋に入るとトイレが流れない。だから部屋をかえてもらった。すると今度は、シャワーのお湯が出ない。もちろん変えてもらった。そして最終的な部屋に到達するのに、2時間もかかってしまった。 それでもまだ終わらない。 あげくに毎晩毎晩、エロチラシをドアから部屋に差し込まれたのだ。どうやらそう言う目的のサービスもあるらしい。 辟易とした。 結局、残りの日程を解約し(お金は戻ってこない

事件簿|Make Samurai great again!

■アメリカにて トランプ政権下になって初めてのアメリカ。 入国審査は長蛇の列だった。もういつまでたっても自分の審査が始まらない。 こっちへ並べ、あっちへ並べとオフィサーが怒鳴り声を上げている。審査待ちの何百人という人たちもみんなブーたれていて、すごく雰囲気が悪い。 そんな時に突然、僕のお腹がトイレ・ファーストと叫び始めた。僕はちょっと待て、そんなワガママなことを言うなと言い聞かせようとしたが、僕の下層階級は理性を失っており、暴動さえも起こしかねない状況だった。 それは困る。 こんなところで反乱軍が放たれたとなると、生涯、自分の経歴に傷がつく。そんなことはくそったれだ。文字通り、くそったれだ。 僕は、ほぞを噛みながら、下層階級の要望をのんだ。何分も並んだ隊列を離れることの悔しさよ・・・。 こんなことは初めてだった。 上流階級が下層階級によって完全にコントロール権を奪われてしまった歴史的瞬間だった。 下層階級の突き上げは凄まじかった。トイレに行くと言ってるじゃないか?そこまで待たせないつもりなのか? こんなところでぶちまけて、お前らにもなんのメリットもないではないかと言い聞かせようとしたが、暴徒と化した下層階級に、そんな言葉が通じるはずもなかった。 「第1関門突破。メルトダウン開始しております。完全にコントロールを失っております」 朦朧としながらそのレポートを聞いた。もうどうでも良いとさえ、思った。いや、だめだ。指揮官が諦めてどうする。 能動的になれ!能動的になれ! やっとトイレに駆け込んだ。もうベルトを外すことさえ、地獄の苦

MOVE|心を動かす

■第2部、開幕 心を動かす新しい教育スタイル、「アクティブラーニング・MOVE」の第2部レポート。 第1部が行われた(既に投稿)大阪上本町の校舎から、車に乗って40分。大阪と奈良県との県境、太子町にある上宮学園・太子校にて、本日、2回目のMOVEへ。 MOVEとは、教室を飛び出し、大人数で、AL講師×一流のパフォーマーの力で生み出す新形態の教育手法。 教育であって教育には見えない。そこが重要だと思っている。 まず何よりも、生徒の心を動かす(= be moved)ことを重要視し、感動し、「開脳」したところに、大切なメッセージを投げかけていく。 感動するからこそ、メッセージを受け取りやすくなるということだ。 そのためには「安っぽい」擬似感動ではなく、本物のパフォーマーの力が不可欠だ。 本物を見せれば誰もが感動する。 そうした感動を生み出すためには大人数でやることに意味がある。十人や二十人ではない。百人、千人といった大人数だからこそ、生まれるエネルギーがある。 今回は1部が2,300名、2部が700名。合計3,000名の前でパフォーマンスをMOVEを実施した。 第1部の2,300名は圧巻であった。パフォーマーもいつにないエネルギーを感じ取ったといってくれた。 学校の先生方も、学校としても歴史的なできことだと言ってくださった。リップサービスを加味しても、ある程度の成功は僕らも感じ取ることができた。 ■より能動的に楽しく しかし、これで満足するのはもったいない。この後、第2部では、第1部でできないことをやってみたいと思った。それは、「More active & more smile」だ。

MOVE|母校にて

■アクティブラーニング・MOVE開催! 大阪の学校で、総勢三千人の生徒を相手に「アクティブラーニング・MOVE」を実施してきた。 「MOVE」とは、心を揺さぶる新形態の教育。 昨年から実験的に始めた試みで、教室を飛び出し、AL講師×第1級のパフォーマーで、「パフォーマンス」×「ラーニングトーク」を提供。パフォーマーによる感動体験で、既存の教室では得られないような「明日から何かを始めたくなる」ようなきっかけを与えることを目指す、というものだ。 ご協力頂いたのは、日本屈指のストリートパフォーマーの皆さん。 まずは今月、2回目の共演、日本ヒューマンビートボック協会、会長のタツヤ(和田 辰也)さん。僕のいろんなプロジェクトで、タツヤさんにお世話になっているのはわけがある。 あちこちでタツヤさんを起用させていただいているのは、シンプルにウケがいいからだ。老いも若きもどんな国の人でも、たちまちのうちにヒューマンビートボックスという魔法をかけることができる素晴らしさ。 そう、タツヤさんは、落合君とは違う技を持った「現代の魔法使い」なのだ。 ■ストリート業界のトップが大阪に さらに今回は大阪ということで、ストリート業界では知らない人がいない大阪の二大巨塔、Shigekix Nakarai Shigeyukiと、角谷 直人さんにも参戦頂いた。 奇しくも、その2人は、昨日、発表されたストリート業界の大ニュースの渦中の人。 2018年、ブエノスアイレスで開催されるユース・オリンピックに、遂にブレーク・ダンスが競技として認められることになったのだ。2人ともその記者会見に出席していたのだ。 Shigek

Tokyo Office

 

〒105-0022 

東京都港区海岸1-2-3 汐留芝離宮ビルディング21階

 

Tel : 03-5403-6544 / Fax : 03-5403-6545

 

For any questions or requests, please make an appointment.

  • Black Facebook Icon
  • Black YouTube Icon

株式会社アクティブラーニング Copyright © Active Learning inc. All Rights Reserved.